繊細な心が引き起こす

sad

早漏になりやすいのは、若い男性です。
どうして若い男性が?と思う人もいるでしょうが、実は深い関係があります。
若い男性のうちセックスの経験が豊富な人は極稀で、大体の方はそれほど多くの経験はしたことがないと思います。
経験が少ないことから強い刺激に敏感で、すぐに射精してしまうことが若い男性によくみられる早漏の原因です。
また、すぐに射精してしまうから女性を満足させられないという気持ちがトラウマになり、さらに早漏を悪化させてしまうことにも繋がってしまうようです。
その気持ちのままだと、早漏からED(勃起不全)にも繋がりかねないので早めに治療しておくことが大切です。
また、仕事で毎日頑張っている男性は、知らず知らずのうちに精神的・身体的なストレスを多く抱えてしまっています。
人は活動している時間の自立神経と、リラックスしている時間の副交感神経の2つのバランスを上手く保って生活をしていますが、バランスが崩れると常に自律神経が上にたっている状態になってしまいます。
セックスは本来、心も体もリラックスして行うもの。
バランスが崩れた状態だと、副交感神経が上手く働かないのでリラックスができず、射精のコントロールが効かなくなってしまい、早漏になるという人も多いようです。
女性から見た男性といえば「しっかりしていて頼りがいがある」というイメージが大きいですが、実際には男性は繊細なハートの持ち主。
女性の前では良い格好をするために、体を鍛えたり、様々な知識を蓄えたりとたくさんの努力をしているのです。
しかしいざセックスをすることになった時、早漏だと思われてしまったらプライドもズタズタになってしまいます。
日本人で早漏に悩んでいる人は二人に一人。これだけ多くの人が抱えている問題なので、自分だけじゃないと安心して下さいね。