治療薬も使ってみよう

curative

先ほど早漏改善するトレーニングについてご紹介しましたが、治療薬を使用する方法もあります。
早漏に悩む人が多い今、早漏改善の治療薬は数多く発売されています。
例えば、世界で初めての医療用早漏治療薬と作られたプリリジー。
開発したのは、ボディケアやコンタクトレンズでも有名なジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門である「ヤンセン・シラグ社」です。
プリリジーの中に含まれているダポキセチンという成分は、脳の中のセロトニンの濃度を上昇させる効果があります。
そもそもこのセロトニンというのは、脳の中に分泌される物質で不安感や緊張感を取り除いてくれる働きがある物質です。
ストレスを受けた時、ストレスを軽減してくれる副腎皮質ホルモンが脳内へとセロトニンを行き渡らせてくれるのですが、
常にストレスを感じてしまうと副腎皮質ホルモンが大量に分泌してしまい、脳内のセロトニンが不足してしまうのです。
セロトニンの分泌量が少なくなると、興奮に大きく関係のあるノルアドレナリンが分泌され、交感神経が敏感になってしまい通常よりも早く射精してしまうといわれています。
プリリジーはセロトニンの濃度を高め過度な興奮を抑える働きをしてくれるので、すぐに射精してしまうのを防いでくれるのです。
セックスのおよそ90分前に服用することでその効果を最も発揮してくれますよ。
プリリジーは、早漏治療やED治療を専門に行っているクリニックなどで処方してもらうことができます。
保険適用外のため料金は1万円前後と高額になってしまいますが、一刻も早く早漏を解決したい!と望んでいる方はぜひ一度試してみて下さいね。